目次へ  前ページへ  次ページへ

事業用借地制度の改正
●定期借地権供給実態調査について(2)

平成18年度 定期借地権供給実態調査について
http://www.mlit.go.jp/tochimizushigen/land/H18teisyakujittai.htm

(2)定期借地権付住宅の二次流通実績調査
1. 全国の中古定期借地権付住宅流通戸数は、把握できたものとしては、538戸(一
戸建住宅193戸、マンション345戸)である。
2. 平成18年の中古定期借地権付住宅流通戸数は183戸である。
3. 成約物件の状況
@ 築年数では、一戸建住宅では築5年以上〜6年未満、マンションでは築7年以上〜
8年未満の物件が最も多い。
A 成約期間は、半年未満の期間で一戸建住宅では80%、マンションは90%がそれ
ぞれ成約している。
B 中古住宅は、ほとんどの物件が新築時の分譲価格よりも安くなっており、一戸建住
宅では平均32%の減、マンションでは平均29%の減となっている。
4. 売却理由は、一戸建住宅では「家族構成の変化のため」が最も多く、マンションで
は「所有権物件を購入した」が最も多い。
5. 中古定期借地権付住宅に関する課題
@ 一時金
多くの担当者は取引事例が少ないので査定に苦労しており、中古定期借地権付住宅
の査定マニュアルが望まれている。
A 住宅ローン
中古定期借地権付住宅の流通全般について意見を聞いたところ、「住宅ローンの充
実が望まれる」を多くの回答者があげている。
B 媒介業務および媒介報酬
中古定期借地権付住宅の取り扱いについては、高度な知識と煩雑な手続きが必要で
あり、一戸建住宅担当者のほとんどが通常の土地の売買や建物の賃貸にくらべて、
媒介報酬が割安と感じている。

西東京 武蔵野 小金井 小平 三鷹 府中 町田 調布 稲城 多摩 …の生命保険
八王子 青梅 国分寺 立川 福生 国立 日野 昭島 …の生命保険
神奈川県 …の生命保険
川崎市 …の生命保険
横浜市 …の生命保険
相模原 大和 座間 海老名 厚木 伊勢原 秦野) …の生命保険
横須賀 逗子鎌倉 藤沢 茅ヶ崎平塚 小田原) …の生命保険
埼玉県 …の生命保険






目次へ  前ページへ  次ページへ